【週末の独り言】自分の発言を一人で反芻して凹む日もある

img_5472

自分の発言を一人で反芻して凹むの辞めたい

なんか毎週何かしらの自分の発言を反省している気がする。。笑 しかもよく考えたら大したことでもない。例えば今日は会社の表彰式コメントでグループメンバーに対して感謝を述べたかったのに「旧グループの皆さん」という過去メンバーに限定するような単語を使ってしまい、今のグループに対する感謝が伝わらなかったのでは…とか。今日伝えたかった前向きな内容に対して声が低すぎてトーンが合っていなかったのでは…とか。書きながら思ったけどめっちゃしょーもない。笑 誰も傷つけてないし、確実に誰も気にしていないのに自分一人で反芻してるw

ただ、私の性格上(いい事でもあるけど)大抵寝たら忘れる。だから、また次回同じことで悩むw なので今日は忘れない間に考えたことを書き出してみようと思います。
img_5423

大多数や反応の分からない相手に伝えるのは難しい

一対一の場であれば相手の反応も分かるけれど、大多数になると「相手の考え方・悩み・立場・着眼点」も全て違っているし反応も分からない!というのが難しい。大多数みんなに伝えようとすると、同僚を、後輩を、多拠点の知らない人も思い浮かべて・・なんて事になって「誰に向けて何を伝えたらいいのか」が定まらず自滅するw 誰に向けて伝えるのか、というペルソナを確実に設定し切ることが大事なのだと思う。たしかに今日は甘かった自覚もある、、次回の機会に挑戦したい。
img_5413

過去最高を標準基準に置きがち

緊張感の高まり方に変化があったのは全社表彰を獲得した後からだと思う。その際に評価を頂きすぎて、それ以降些細なコメントですら「ちゃんとしなきゃ」と勝手に基準値を自己最高レベルに置いてしまう。あと年齢や立場もいつの間にかプレッシャーになってるな…と感じ、今日はかもめ名語録の言葉を思い出しました。

「最高潮の自分=本当の自分」だと思い上がっていなと。できていない苦しい時期も含めて自分。振り返ってみると、「自分ができること」「できないこと」を受け入れたことで、また、一歩ずつ成長できたように思う -かもめ名語録

ほんとは、極端だけど「あざーっす!」くらい肩の力抜ける自然体が素敵だなぁと思うし、頭で考えた上手いコメントよりも心から自分が思うことを伝える方が絶対に伝わる。それが出来なくなったのは、結局は思い上がりが原因だなと思う。どう頑張ったって今の自分の身の丈に合ったアウトプットしか出来ないんだから諦めよう!と、自分に強く伝えたい。笑

苦手だからと決めてしまったら本当に出来なくなる

とはいえ「自分は緊張するタイプだし、大多数の前で話すのは苦手なんです」って自分の限界を決めてしまったら本当に出来なくなるし、「ほとんどの事象が、出来ないんじゃなく、訓練不足なだけ」。出来ないことを嘆き決めつけるのではなく「する」と決めて「どうしたらいいか」を考え続ける方を選択し続けたい。

自分で限界を考えたら、それが限界になってしまう。どうすれば、できるか考えて、必ず実現することで、「できること」は拡大していく、限界なんてない -かもめ名語録

img_5456

独り言を公開するかまだ迷ってる

いままで、ブログ書きながらもツイッターやFacebookに「更新したよ!」というアナウンスはあまり行ってなくて。特に独り言系のものは「誰が知りたいねん・北欧関係ないし・自分も恥ずかしい!」というのが理由。直近のかもめ食堂プロジェクトの流れで連日シェアしているけれど、まだ迷っている・・!今後またひっそり更新に戻る可能性もあるので、覗き見するのが好きな方はおヒマなときにお訪ねください(^^)/ 一旦更新自体は、思考整理のためにも前より頻繁しようと思っています◎

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。2010年から年に1回は北欧へ行くことをライフワークに、平日は転職コンサルタントとして働きつつ、週末は「ひみつの週末北欧ピクニック」イベントの企画など北欧パラレルワークに夢中。いつかフィンランドでお店を開くことが目標。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*