【かもめ食堂プロジェクトVOL.19】大阪の飲食人大学の見学に行って来た(前半)

sushi-finished6W2

sushi-finished6W2

寿司職人養成学校は東京だけじゃない!
実は地元大阪にも、寿司職人養成学校があるのです!
それは昨年オープンした「飲食人大学 寿司コース」。

大阪在住の私から見たメリットは
・滞在費が不要(東京だとホテルorレオパレス等)
・学費が安い(東京約100万円、大阪約60万円)

という費用面での違いが大きく
大阪の方も是非知りたい!と
見学の予約を取って行って来ました◎

※東京すしアカデミーの見学記事はコチラ:
 前半後半

■飲食人大学とは
飲食店を営むRETOWNグループが運営する
3ヶ月の短期集中型の学校です。
寿司マイスター専科は昨年より開校したそうです。

■見学開始!
場所は野田駅から徒歩10分。
学校の外観はこちら!
最初分からず通り過ぎてしまいました>< ▼この建物がそれです。特に看板は無いので訪問の際はお気をつけ下さい! IMG_5916
入ると受付の方が
「見学の方?その部屋だよ」と
指して下さったのは、
すでに生徒の皆さんが実習を始めているお部屋。

ドアを開けると元卒業生という女性の方が
優しくエスコートしてくださり、
白衣に着替えて・・いざ見学!

見学者は私を含めて2名。
当日はTV局の取材が入っており
クルーの方々がカメラを回していました。

■実習の内容
生徒の皆さんはあと1週間半で卒業!
というフェーズの方々で、
この日は「コース実習」といって
3つのチームに分かれて
前菜~寿司の内容まで自らメニューを考え
仕込み(4時間)と提供まで行うというもの。

見学者は、生徒の皆さんの仕込みを見学し
提供実習の際にお客様役となって
生徒の皆さんが握ったお寿司を食べることが出来ます。

仕込み見学は3時間ほど。
魚を捌く・酢飯を仕込む、というだけでなく
前菜の創作料理を作ったり
握り場のセッティングをしたりと
色々な仕事を見ることができ
非常に興味深く拝見しました。

講師は2名いらっしゃいましたが、
メインは1名。豪快な男性で
東京の飲食人大学も兼務し
更にカウンセラーも担当しているよう。

生徒の皆さんの仕込みの様子をチェックし
間違った所は全体発信で厳しく
指摘しておられましたが冗談も交えるなど
全体的にとてもアットホームな印象でした。

教科書として使っているのは
私も前から書店で気になっていた
分厚い「寿司の技術全集」でした!

■実食
3時間の仕込み見学終了後は、
生徒の皆さんが大将となり
私は顧客になりきってお寿司を頂く実習。

寿司職人に求められるのは
技術だけでなく「折衝力」も重要とのこと。

お客様と会話をしながら、
好みや食のペースを把握し
お客様に合わせたシャリの大きさで
リズミカルに握っていく。

・・というのがプロの職人ですがっ

私がお客様体験をさせて頂いた
生徒の方は非常に緊張しておられ
提供する手が震えておられました・・!

そのせいか、シャリが1円玉サイズで
さらに口に運ぼうとする最中にボロボロに(◎_◎)!

食べるこちらも緊張しつつ
高校生の時に近所の小僧寿しチェーンで
アルバイトをしていた頃のことを思い出しました。

1日何貫も寿司を握り、
巻きずしを巻き続けていたので・・
この方より私の方がうまく握れるのでは・・!
という邪な想いが一瞬頭をよぎってしまう(◎_◎)
※いやそんなハズは無い。

講師の方いはく、全ては個人次第。
3か月でもかなり上手くなれる方もいるし
そうでない方もいるとのこと。

東京すしアカデミーの見学と違い、
今回は実際の授業の様子や
実践スキルを拝見することができ
本当に良い経験になりました。

やっぱ短期修行だけじゃ厳しい!
ということを肌で感じたのでした。

後編は生徒の皆さんの進路や
見学会でまさかの「北欧繫がりの出会い」
があった話しを更新します*

sushi-finished6W2

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*