【かもめ食堂プロジェクトVOL.32】寿司学校に通うことを上司に伝えてきた

img_5717

前々から寿司の話を沢山してきましたが、
ついに動き出します…!

先日、東京にある女性寿司職人だけで
運営しているなでしこ寿司さんにも伺い、
改めて寿司の魅力に引き込まれました。。

元々は海外就業を念頭にたどり着いた
寿司という道ですが、知るほど奥が深く
今では寿司職人そのものへの憧れにまで
昇華されているのを感じています。

そんな中、あとは「いつ始めるか?」。
会社を辞めて挑戦するしかない道だからこそ
会社でしたいこと/本当に寿司と相性合うか/
開業資金/年齢/今後のキャリアなど
色々考えてタイミングに悩んでいたのですが…

なんと!いつのまにか関西の寿司学校に
夜間コースが誕生していました!

平日18:00-22:00を毎日3ヶ月のコース。
これなら…!!
いや、これしか無い…!!

ということで、行こうと決意を固めたものの
私の仕事は平日9:00からスタートし、
日々の平均退社は20:30くらい。
自分でフレキシブルに決められるものの、
3ヶ月間17:30に会社を出るというのは
なかなかの挑戦。

親しい同期に相談してみたところ、
「ほぼ時短やん、無理やろ!」の反応。

これは自分の生産性も上げて
必ず成果をださなきゃいけないし、
同時に誰かに助けてもらわないと
実現出来ないことでもある。

ということで本日、上司に相談してきた。
反対されるかな、、とドキドキしながら
想いを伝えたのですが

「いいじゃん!俺は止めないよ」
「ロールモデルになってくれたらと思う」
「”どう実現できるか” を一緒に考えよう!」

って、、、(´;Д;`)
めっちゃ良い上司、会社やん(´;Д;`)

「まぁ体調が心配かな。
平日仕事して、22時まで寿司握って、
海辺の街まで帰るんだよね?
そこは体調管理しっかりしてこ」と。

やるからには、ちゃんと両立したい。
来年からの開始になりそうなので、
まず年内中に自分の仕事を見直して
効率を上げながら成果にこだわりたい。

素敵な会社に感謝しながら、
夢への準備も進めたいと思います◎

chika
About chika
北欧好きをこじらせてしまった会社員。フィンランドが好き過ぎて12年以上通い続け、ディープな楽しみ方を味わいつくした、自他ともに認めるフィンランドオタク。いつかフィンランドに移住したいと寿司職人を志し、現在は日本で会社員を続けながら修行の真っ最中!好きなものは水辺、ねこ、酒、ひとり旅。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*