■ひとりでフィンランドに3週間暮らしてみて感じたこと

img_8868

img_8868日本に向かうフィンエアーの中で打ち込んでいます。
もう既にロシア上空なので、フィンランドには
本当にさよならをした事になりますね…!

「あっという間」という気もしますが、
到着時には雪が舞う程の寒さだったのが
今ではすっかり白樺の木も葉が生い茂り、
公園には水着で日光浴する人もいるなど

春から夏への移り変わりを経験したせいか、
なんだか数ヶ月程かけて幾つもの季節を
過ごしたような感覚もあります◎
img_8874
この3週間は、とても素晴らしい滞在でした。
まずは、これだけ長くの時間を
大好きなフィンランドで過ごせたことは
間違い無く私の人生史に残る経験になります…

将来、この滞在が「転機になった」と言える様
これからの人生に舵を切りたいと思いました。

今の会社で3年間頑張ったご褒美とはいえ、
私の夢を理解して3週間もの機会をくれた
会社の上司、同僚に心から感謝です。
帰国したら、引き続き精一杯働きます!
img_8873
そして今回の滞在のテーマ「暮らす」こと。
これまで4回フィンランドに来ているものの
今まではホストファミリーがいたり
友達と一緒に過ごしていましたが、

今回はアパートに一人で住んで・出掛けて
料理をして・洗濯をして・予定を立てて。
フィンランドの家に「帰宅」できる事と、
「私の家」という言葉を使える事。

最後の方は夢も英語
+フィンランドが舞台だったり、
家から駅に向かう道も私にとって
完全に「日常」化していたり…
いつまでも続く終わりの無い暮らし
という感覚をもって、ゆったりと
日々を過ごせたことも印象的でした。
img_8871
今までの滞在とは全く違う感覚だからこそ
日本人としてフィンランドに住む上で
感じることを知る事も出来ました。

それは本当に些細なことも含めて。
例えば、スーパーで皮付きの鳥肉や
豚の薄いスライスや一人用サイズの
パックが売っていなくて不便…とか、
洗濯にかかる時間がやけに長い…とか
夜すること無いしお酒飲んじゃう…とか
日本の100均と靴下屋素晴らしいな…とか
味噌と料理酒持ってくれば良かった…とか
ランチボックス的な容器が無い!…とか
小さな、でも今まで気付なかった事◎
img_8872
そして同時に、今回の旅では
「フィンランドに暮らす日本人」の方々と
出来るだけ多くお話ししたいと思っていました。

目的は夢の「期日と目標を決める」こと。
結果、滞在中に11名の方にお話を伺い、

良い事ばかりじゃないリアルな話・
フィンランドを選んだ理由(魅力)・
住んでみて感じるフィンランドの事を
色々と教えて頂く事が出来ました。
img_8870
そして何より、自分の目で
皆さんの生きる姿を見たことで、
言葉で教えて頂く以上の事を感じました。

そんな全ての経験を通じて、
7年前に初めて訪れた時から
虜になったフィンランドという国に
やっぱり変わらず強く惹かれることに
確信を持つ事が出来ました。

同時に、夢への期日と目標ラインも
しっかりと定める事が出来ました◎
日本に戻ってからやるべき事が見えて
今後3年間の過ごし方も変わりそうです。

行くまでは「この気持は本物なの?
一人で暮らしてみて本当に大丈夫?
ましてや仕事を作るなんて出来るの?」
など自分の気持に疑いがありましたが
そんな心配は無用の様です

来るまでは「フィンランドに住みたい!」
でしたが、今の気持ちは
「フィンランドでも住めそう」と
気持がとてもフラットにもなりました。
img_8869
フィンランドの静かさが好き。
透き通る自然に身を委ねるのが好き。
流れる時間が好き。
存在する距離感が好き。
どこまでも自然体な人達が好き。
そして何より、フィンランドにいると
「ときめき」を感じてしまうのです。。

きっとこれらの要素が、私を7年も
北欧に惹かれさせる理由であり、
自分の人生に必要な要素なのだろうなと
この滞在で気付く事が出来ました。
img_8866
日本を離れて、ゼロから3週間
自ら「暮らし」を作って知った、
自分にとって大切なこと。

日本でも、この感覚を大事にして
暮らしに取り入れながら
過ごしていきたいと思います。
img_8867
…そしてフィンランドにいると
なぜかPCに向かう気がしなくて
結局あまりブログ更新が出来ず

(Twitterはフォロワーさんとの会話や反応が
とても楽しくて、いつも更新してました☺️)

これから滞在のエピソードをブログで詳しく
更新して行きたいと思います。
引き続き、宜しくお願い致します✨

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*