わたしには必要ないな、と選択する勇気について

img_2106

まず相談しよう、と吹っ切れる過程の中
身近な先輩と立ち話をする機会があったのですが
その時の言葉が印象的だったので書き留めます。

人は1日2日で「変わったね」とはならない。
半年、1年かけて、ようやく「変われる」もの。
評価は二の次で、まずは地道に変わろうと。
そう思って進み始めて、自分は変わって来たのだと思う。

この言葉を聞いた時に、
私は「いき急ぎ過ぎていた」と思いました。

良く在ろう、と思うあまり
できない自分に蓋をして見過ごして、
分かっているフリをして、
どんどん自信を失って行く。

見せかけの自信は、今後一切役に立たない。
フィンランドに行ったとしても、
そんなものが一体何の役に立つのか…。

ちゃんと自分の足で立つために、
本当に必要なことを得るために働く。

自分が自分を認められる、
本当に手応えのある自信でないと
ほんとに何の意味もない。

私がここ数ヶ月「ズレている」と
感じていたことの根源はここなんだと、
先輩の話を聞いて気づくことができました。

正直、弱みも悩みもアウトプットしない方が
最短ルートで「場所」には行けるかもしれない。
でも、それは自分にとって意味が一切なくて。

形だけ手に入れたって、
私は全然幸せになれない・・!
強くもなれないし、自信にもならない。

自分の「今」に集中しよう。
それらしいゴールよりも、
よっぽど必要なことだと思う。

そして、その積み重ねで
時間をかけて変わっていこう。
自分がちゃんと「1歩1歩、進めた」
という自覚と手応えを持てるように。

わたしには 必要ないな、と決める勇気。
その選択が、今必要なのだと思う。

いつの間にか「あれも、これも」と
身の丈以上に抱え込もうとしていたもの。

それは、本当に自分に必要なことだろうか?
自分は、心からそれを得たいと思うのだろうか?

今の現状の維持、関わる関係、進め方、
過去に得たもの、目指す目標、その時間軸…
本当に「私のために」必要なものなのか?
「一切いらないな」「今後何の役にも立たないな」
そんなものに時間を費やす価値があるのか、
自分で「いらない」ことを決めて選ぶこと。

そこから本当の自分の道がスタートするのだと
先輩の言葉で気づくことができました。

感謝しかない・・。
そして、やっぱり色んな話を聞くことで
がんじがらめの自分が解けていく。

今後の自分にも、自分が目指しているもの・
手に入れようとしているものが
「私には」本当に必要で魅力的なのかを
考えてみてほしい。

ないよりもあった方がいい、ではなく
いらないものは潔く手放す。

自分の本当に必要なものにフォーカスできるように、
手放してクリアにしよう。自分のために。

迷ったら、またこの記事を読みかえそう…!

追記:
Twitterで相談したら、
たくさんの人がアドバイスをくださった。。泣
一人じゃない、悩んでいるのも、立ち上がるのも。
そう思うとありがたくて、うれしくて。
Twitterしててよかった…
本当に、ありがとうございました。
フォロワーさんたちが、すでに大事なことに
気づいている人が多くて
私も自分の想いに確信を持つ事が出来たし、
こんなに心強い人たちがいると思うと
すっごく頼もしくて幸せだなと思いました。
感謝です!今後も、よろしくお願いします◎

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*