フグレントウキョウ(Fuglen Tokyo)

IMG_1270.JPG

IMG_1270-0.JPG
Fuglenはニューヨークタイムズ紙で「世界最高のコーヒーは、飛行機に乗ってまで試しに行く価値がある」と称されたノルウェーのコーヒー店。

海外進出1号目が、日本・東京!
日本人オーナーさんがノルウェーのカフェで修行後、日本進出に合わせて出店されたそうな。
この度、ようやく行くことが出来ました◎

北欧とコーヒー

ノルウェーをはじめ、北欧では一人当たりのコーヒー消費量が高くて(フィンランドにいたっては世界一)水のようにコーヒーを飲むので、浅煎りの軽いコーヒーが主流。

ちなみにフィンランド人がコーヒーを沢山飲むのは、シャイな国民性が影響しているらしい。
初対面の人やビジネスの場で、「まあ、とりあえずコーヒーでも・・」と場を和ますコミュニケーションツールとしての役割があるそう。

また、アルコール依存が問題視された時代にはアルコールの代わりにコーヒーが代用されたようで。その名残からコーヒーを沢山飲む習慣があるとも。

そして今回行って来たノルウェーのFuglen Tokyo…
私的に結構ツボなコトが沢山ありました。

(1)リノベーションされた一軒家

白い壁に、大きなガラス窓。
夜も昼もサマになる外見・・・。
でも、実は普通の一軒家。
こんな風にリノベーション出来るんだ!
という感動がまずありました。
IMG_1271.JPG

(2)店内には北欧ヴィンテージがズラリ。

使用されているイスやテーブルも北欧ヴィンテージ。家具は購入可能で、ショールームとしての役割も。家具以外は北欧ヴィンテージ食器や照明も…♡
Cathrineholmヴィンテージポットも可愛い。
お値段は45,000円…!
IMG_1252.JPGIMG_1273.JPG

(3)エアロプエレス・コーヒー

空気の力を利用したコーヒー抽出器具で淹れるもの。この日は4種類から選ぶ事が出来ました◎
「人気は何ですか?」と聞くと、全てまんべんなく出てるとのコト。グアマテラのものにしましたが、酸味/あっさり/香りのあるもの。日本ではなかなか飲めないお味でした。
IMG_1272.JPG

(4)外国人が多い!

まるでここは海外!?と錯覚するくらい、
外国人のお客様が多かったです。
私が店内でコーヒーを飲んでいる時にも
ひっきりなしにお客様が来ていました。
雰囲気も含め、プチ北欧トリップしたような気分に◎

(5)ロゴが好き(笑)

赤に鳥のロゴが個人的にツボでした。
お土産用のコーヒー豆のパッケージも可愛い!
IMG_1263.JPG
IMG_1268.JPG
夜はバーにもなるカフェ。
IMG_1251.JPG
コンセプトもノルウェー本場と同じで、
気軽に北欧気分に浸れる素敵なカフェでした…
あと、駅からカフェまでの道のりにも
沢山小さな可愛いお店があって気になりました。
—————————
【住所】東京都渋谷区富ケ谷1-16-11 1F
【アクセス】
小田急線代々木八幡駅から徒歩5分
JR山手線原宿駅から徒歩10分
【営業時間】
(月・火) 8:00~22:00
(水・木) 8:00~翌1:00
(金) 8:00~翌2:00
(土) 10:00~翌2:00
(日) 10:00~翌1:00
IMG_1248.JPG

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎