【勉強してきました】見立て力を高めること

img_1179-1

前のブログに書いていた
苦しすぎる課題制作が
ようやく終わりました…!

まだまだ出来は良くないのですが、
本来であれば課題に対する打ち手は
これだけ脳を振り絞って考えるべき事なんだ…
という度合いを知る良い機会になりました。
今後もかもめ食堂プロジェクト含め
様々な場面でこの考え方を活用して
いかなければならないと思うので
一連の「戦略の見立て」フローを
「フォーマット」にしてしまいました。

【what】問題定義

スクリーンショット 2018-02-15 9.27.00
whatの部分。考えるべきポイントは、
・そもそも何を目指しているのか
・なぜそれを目指しているのか
(本質的に目指すべきゴールなのか?)
・ゴールは「どこまで到達できれば達成なのか?」
(測るためにもゴールは必ず定量/数字で示す)
・現在地と、ゴールに対するGAPは何か
・「いつまでに」到達しなければならないのか
(時間軸によって打ち手が変わるため)
とのこと。

自分は「イメージ」だけでゴールを描きがちで、
定量でゴール設定をできない傾向にある。
また時間軸の設定も抜けがちなので気をつける…

【where】問題箇所の特定

スクリーンショット 2018-02-15 9.27.03
ここが特定されていないと打ち手も緩くなる。
・まずは「定量」で捉えると分かりやすい
・切り口はチーム、担当者、プロセス別、CS別、
CL属性別、競合種類別など
・また選定基準はインパクト、
他者比較(優秀層/平均)との差、過去比較など。

私の苦手な部分…。本当に課題になっているのは
他者比較/過去比較の上でどこなのか?を特定しなければ
そもそもの打ち手も真因も的外れなものになってしまう。

【why】根本原因の特定

スクリーンショット 2018-02-15 9.27.06
課題に対し、なぜその事象が発生するのか?
を深掘りし、背景にある本質的な要因(=真因)を特定。
・why?を繰り返し「深掘り」する。羅列とは違う。
・意識するのは「なぜ?」と「他には?」
・羅列ではなく深掘りである
・MECE(漏れなくダブりなく)に分解する
・市場、自社、競合など大きな要素を用いて
全ての可能性を洗い出すことで漏れとダブりを無くす
・完璧な網羅感より、大事な点をほぼ漏らしていないことが大事
(MECE”感”で良い。)

●コツ
・「とりあえず3つ箱を置く」
(ハコを決めると脳は動く)
・AnotA
(困ったら、それ以外ないか?)
・まず洗い出して後でグルーピングする
(ポストイット使うなど)
・誰かと一緒に考えてブレストをする

私は「真因」は何か?に対して、
ここまで漏れなくだぶりなく出す意識をしていなかった…
2−3個あれば十分、くらいに思っていたので
深く「他には?」「なぜ?」を考えることが大事。

【how】課題に対する解決策

スクリーンショット 2018-02-15 9.27.10
真因を特定したら、打ち手を「決め打ち」するのではなく
「広げてから評価」していく。
・解決策を広げて書き出し
・評価する際「効果」については定量化
(あるべき姿に到達するだけの効果が見込めるか?)
・評価する際の「実現性」は
即効性(かかる時間)、リソース(必要な人/お金)、リスクで
本当に実現できるか?を評価する。
・解決策としては
クイックヒット、抜本的改革、その他があるが
まずはクイックヒットに着手し、段階的に難易度の高いが
効果の大きい抜本的な打ち手を打つのが理想。

私の場合は、広げて考えることが出来ていなくて
決め打ちした打ち手に飛びついていたし、
そもそもゴール(what)と打ち手(how)だけで
思考してしまう癖がついてしまっていた…。
そして思いついた打ち手に対し「実現性」を評価していないし、
思いつくことも「クイックヒット」に偏りがちでした。

研修を経て

今回、研修の中ではグループワークもあったのですが
自分が直感的に思いついた打ち手や課題は合っているのに、
それを「なぜなのか」証明できない歯がゆいシーンがありました。

その時に初めて、本心から「この点は私の落とし穴になる」
と自覚することができました。

このコースはあと2回研修があるので、
(絶対にまた脳が痛くなるけど笑)
しっかり吸収して自分のものにしたいと思います!

きっとこのブログを読んで頭が痛くなったり
目を逸らしたくなった人は私と仲間です。笑

もし「これいつも頭でやってるやるだわ」と
思う方は、きっと分析思考に優れている人だと思います◎

嬉しかったこと

渾身の戦略を休暇明けの上司に持ち込んで
見てもらったのですが、本気で考えた分
相違点や課題点が浮き彫りになって
すごく学びが多かった!
※今の上司は本当に分析思考に長けた方

ブレストをしてみると、
・時間軸の始まりが必ずしも真因ではない
・総量だと比較できない場合は率
・そして説明し始めると自分端的さ0
・結局まとまってないことに気づく
・時間/人手/コストもリストに加えよう
などなど細かい追加の学びがありました。

そしてそんな中でも、
「来Q一緒だったら何かミッション持ってもらおうかな」
「やっぱここまで考えなきゃダメだよね」
という言葉にすごく嬉しくなったのでした。

まだまだ過ぎて笑えるけど、
はじめて立てたダメダメなグループ戦略は
記念に持っておこうと思います◎

また今後の学びも書き留めていきたいと思います😃

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*