【かもめ食堂プロジェクトVOL.28】致命的になりうる「弱み」に向き合う時が来た

img_0796

今日はとてつもなく疲れました…
正直いまは力も入らない位なのですが
自分の苦手なことと向き合うと決めたので
今の気持ちをリアルなうちに書き留めます。

※最近の記事は予約投稿なので厳密には今日ではないのですが…

<注意>
すっごく長い上に本当にまとまりないです。。
img_0792

この会社で働く理由

現在人材業界でコンサルタントとして働いており、
iPhoneの待ち受けに
自社のロゴを設定するくらい
会社が大好きなのですが、
社風が一風変わっていて。

「自分はどうしたい?」
「WILL(自分が実現したい未来)は何?」
という話を事あるごとに会話します。

仕事(クライアント)はもちろんど真ん中にありつつも、
その上位には「自己実現(WILL)」を置き、
そのために必要な要素を分解し、仕事を通じて
時に強みを伸ばし、時に弱みを鍛えながら
仕事をする、という考え方の中で働いています。

そして私が掲げているWILLのトップは
数年変わらず「一人でも多くの人が
自分らしさに自信を持っている」状態。

そのトップに次いで、
フィンランドでの開業 も
上司に開示して能力開発を行っています。

普通は会社を卒業する前提で仕事を行い、
上司もその成長を支援するって
なかなか無いことだと思うのですが、
私の働いている会社では
30代で会社を卒業して独立する人も多く
起業家精神を以て応援してくれる社風です。
img_0797

致命的な弱み

今の仕事は私にすごく合っていて、
自分らしく仕事をすることが
確実な成果に繋がる経験を通して
自分の大きな自信になっています。

自分自身は「強みを伸ばしていきたい」
「弱みがあったとしても強みで凌駕する」
という方向が好きで、突っ走ってきたのですが…

昨年の末から、後輩の成長を支援する立場となり
「致命的な弱み」に向き合わざるを得ない
気づきを得るタイミングが来ました。

ストレングスファインダーの示す通り
私は自分の感覚・直感の良さを信じ
多くのアイディアをすぐ行動に移し、
ダメなら即軌道修正して
成功するまで最短でPDCAを回す…
という事を得意としていて・・

・・しかしですね・・・
あまりに今まで「直感的」すぎたので
後輩ができた途端「指導できない」ことに気づいたんです。
あまりにノーロジックだったんです。
正解は分かっても、なぜそうなのか伝わらない。
img_0794

かもめ食堂プロジェクトの危機

まずは行動、百聞は一見にしかず。
そんな自分のスタンスも好きだし、
だからこそフィンランドでの開業も
本気で出来ると信じきっている強さにも
繋がっていると思うのですが…

いやいやいや。
なんか危険じゃないか。

もっと確実性の高い打ち手を
明確な理由を持って講じられる力を
今のうちにつけないといけないのでは無いか。

後輩のために確かな道を示し伝えるだけでなく、
自分の未来のためにも「苦手」に今強く向き合わなければ。
img_0789

足を引っ張る弱みは引き上げる

強みばかりにフォーカスしがちな私ですが、
尊敬する先輩と話した時に教わった事。

その先輩は人の持ち味・強みに注目しながら
成長支援ができる素敵な方なのですが。

「前の会社で初めてマネジメントをすることになった時
メンバーの弱みばかりにフォーカスして、
できない事を責めてしまうスタイルだった。
するとメンバーのコンディションも悪くなり、
次第にグループも上手くいかなくなってしまって。

そこから、一切の弱みを見ずに
相手の良いところ(強み)だけを見ることにしたの。
そして、その強みをさらに伸ばしてあげること。」

「弱みは、それが水たまり程度ならば大丈夫。
でも、それが深いものであれば 落ちないようにしなければならない。
それくらいその人の”足を引っ張るほど”のときには
引き上げてあげる、というスタンスでいるよ」

昨年末からの自分の空回り感に直面し、
組織を自ら作るとなった場合には
自分の弱みは致命的になる、と
(ようやく)確信したのでした。
img_0795

ほんとに辛い

ここまですごく長かったですが、
今日私が疲れている理由は
自分の苦手に向き合うべく
3ヶ月の「鬼研修」に参加しはじめた為で…

1ヶ月に1回東京に行き、
日々の仕事と接続して
what-where-why-how構造で
物事を論理的・定量的に捉えた上で
筋の良い課題解決の打ち手を導く、というもの。

その第二回の課題提出が今日だったのですが
もう取り掛かるのも辛すぎて、
見るべき(っぽい)データも大量にあって
今までならば「この打ち手が良さそう」で終わっていたものを
ゴール設定から要因分析から定量証明まで
苦手のオンパレードで創り込まなければならず
本気でオフィスで泣きそうになりました

こんなに辛いんだ。
大嫌いだった学生時代の科目を思い出す。
すごい訓練感。

…という感情と同時に、
いかに自分が今まで苦手から目を背け続けてきたのか
についても強く実感する時間になりました。

でも「苦手だからできない」と諦めたくない。
かの尊敬するゴットマザーも言っていた言葉…
「自分は才能がないからできない、のではなく
今まで訓練していなかったから出来ないだけ」。

その道を極めるレベルには達しなくとも、
日々訓練を重ね続ければ
少し出来るくらいまでには引き上げられる!
と信じて頑張りたい。
img_0793

今日の打開策

取り組む前の重たすぎる気持ちを抱え、
そもそもゴール設定となる定量面で
わからないデータがあったので
親しい先輩に声をかけました。

パワフルな先輩も、過去に同じゴールを掲げ
失敗もした経験があると聞いて
「私もここで踏ん張ろう」と思えたことと

ちょうど上記の会話を聞いておられた
凄腕のマネージャーさんにも
実際にどうやって高い山を登ったのか?
という話を聞くことができ
一気に視界が開けた感覚になりました。

また得意領域を使ってしまった気はするものの…
煮詰まった時には先人の話を聞き、
自分なりにアレンジして考えを進めることで
一歩でも前に進めることも改めて実感したのでした。

・・・そこから延々と考えながら書き進めたものの
結局当日中に終えることができず・・・。

講師の方いはく「これは訓練しかないよ
とのことだったので、辛いけど向き合う3ヶ月にしたいと思います。

長々とごめんなさい。。!
何もまとまらないw

また余裕が出て来たら日々学んだ
思考の順序についても書き留めたいと思います。
img_0796

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。2010年から年に1回は北欧へ行くことをライフワークに、平日は転職コンサルタントとして働きつつ、週末は「ひみつの週末北欧ピクニック」イベントの企画など北欧パラレルワークに夢中。いつかフィンランドでお店を開くことが目標。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*