【北欧こじらせコラム】スウェーデンの手仕事!?クラユンマさんの話

クラユンマさん

阪神百貨店さんの北欧フェア
と週末北欧部のコラボ記事、第3弾◎

今回は、北欧フェア初出店となる
北欧の手工芸を扱うセレクトショップ
kurragömma(クラユンマ)の店主
古田さんにお話を伺いました。

古田さんはスウェーデン人の旦那様との
結婚を機に移住し、今年で17年目。
日々の生活の中でご自身も愛着のある
作家さんの手工芸品を
日本に紹介しておられます。
くらゆんま
kurragömma(クラユンマ)とは、
スウェーデン語で「かくれんぼ」。
自分らしいセレクトにこだわりつつ
自分らしいペースで運営しながら
出たり、隠れたり、、
そんな柔らかい”在り方”を
店名に込めたそうです。

扱う商品は、スウェーデン国内で
昔から愛される貴重な手工芸品がメイン。
slideshow_img_b80849
一つひとつ作家さんによる手作りなので、
地元のファン達に渡る分だけで
すべて売り切れてしまうような商品。

それ故に、なかなか日本では
お見かけ出来ないモノも多いのですが、
古田さんの気持ちに共感し
作家さんがクラユンマのために
少しづつ丁寧に作品を
作ってくれているそうです。
slideshow_img_9a437c
そんな素敵な仕事をしている古田さん。
そもそも、なぜ手工芸に興味を持ったのでしょうか?
クラユンマ のコピー
レベルが手仕事を超えている!笑

お義父様は元々建築を学んでおられ、
家族が「ここにサンルームあったら素敵よね」
と話をしていたら、自分で設計して
しばらくすると本当に作ってしまったそう。

お義母様も芸術や手工芸に詳しく、
移住当初から一緒に作家さんの
展示会に連れ出してくれていたのだとか…

そんなスウェーデンの家族の影響を受け、
いつしか古田さんも手工芸の虜に。
今では作家さんとの繫がりもでき、
貴重な品々を日本にご紹介しておられます。

今回の北欧フェアでは、
・サーメ族の手工芸品
・ゴッドランド島の羊素材
・ネズの木(ジュニパー)のカゴ
などをご紹介下さる様ですよ!

古田さんと作家さんとのお話、
とても面白かったので
次回コラムでは作品にまつわる
ストーリーを数回に渡って
お届けしたいと思います◎
クラユンマさん

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*