【かもめ食堂プロジェクト】カフェ修業を卒業し、 お好み焼き修行を始めました

img_4824

2年間続けたカフェ修業を卒業し、
前々から気になり続けていた
「お好み焼き」修行へ。

ミシュランを獲得した老舗店で
週末だけ修業をはじめました。

●なぜお好み焼きなのか

湖畔でカフェだ―!
いっそフィンランドだー!
ならば寿司だー!
・・・
等々、紆余曲折(現在進行中)な
私の「かもめ食堂プロジェクト」。

色々な選択肢がある中で、
どうしても捨てきれなかったのが
「お好み焼き」でした。

-大阪出身の自分だからこそ出来る事
-フィンランド人から強く要望された事
-フランスで日本人女性が開業している事
などなど、お好み焼きも素敵なのでは…
とずっと考えていて。

「ならば、それが本当に合うかどうか
一度やってみよう!!」と思い立ち
老舗店に電話して修業させて頂けることに!
来週で5回目の修業に入ります。

私の性格上、「やってみて、どうだったか」
を自分自身で経験しないと納得できず
「違う」という結論になったとしても
やっぱり必要な工程だと思いました。

●実際に働いてみて

★まずは、想像していたよりも
“きっちりしている”!

高校時代にバイトしていた
お好み焼き屋は、個人店で
こじんまりしていたこともあり
“なんとなく”が多かったお店。

でも今回は、ミシュランを獲得し
日々行列の絶えない老舗店。
アルバイトの7割が外国籍の学生。

それ故に、オペレーションも
細かく決まっていて効率的。
でも“遊び”の部分もあって
それぞれの“らしさ”もある。

★そして次に、思ったよりも
“感覚的”!!

最初と相反する部分があるのですが
これは「焼き方」について。

焼き場はプロ2人体制なのですが
2人とも焼時間は「時計見ない」。
ネタの入れ方も「計量機使わない」。

焼き具合、ネタの固さなど
全てその時の火加減や食材の水分量次第。

「測る」のではなく「見る、感じる」という
プロの技で仕上げられていました。

これは、学び甲斐があるなぁと思いました。

★そして最後に感じたのが
 “信じて任せる”ことの大切さ

働いているスタッフの中で
「お好み焼きを焼きたい!」という
理由で働いているのは私だけ。

焼き場はプロの2人が担っているので
通常時間は私の出番は無いのですが…

終業後の“スタッフのご飯タイム”で
お好み焼きを焼かせてくれることに!

「見て覚えていき」
「今日見た手順で、まず焼いてみ」
「そんなん俺してたっけ?笑」

と、手取り足取り教えられる訳では無く
“まずやってみ”と実践に入る事で
自然とプロの皆さんがしていることが
見ている以上に難しい事だと分かったり、
次回このポイントに気を付けようと学んだり…

やってみせ、
言って聞かせて、
させてみて、
ほめてやらねば、
人は動かじ

という言葉がありますが、
まさにそんなサイクルを
お好み焼き修行で行っています。

●カフェと比較して

初めてお好み焼き修行に行った翌日、
ちょうどカフェの修業がありました。

その時に感じたのは
「カフェ楽しいーー!」でした。

・和食器/洋食器の種類も多く
組み合わせを考える楽しさ
・彩りを考えたメニューを
日替わりで考える楽しさ
・カフェの流れに合わせて
お客様がゆっくりとご来店すること
・店内はコーヒーの香りが立ち
ストーブの前にはネコがいて
「オーナーの家」の様な
こだわりある空間と音楽があること

そんなところを素敵だな・・と
他の修業を始めたからこそ
改めて感じることが出来ました。

それぞれの場で“素敵だな”と
私が感じたことを大事にしながら
自分らしい「かもめ食堂プロジェクト」を
今後も形作っていきたいと思います。

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*