【北欧こじらせコラム】萩原健太郎さんに聞いた北欧のコーヒー事情

img_1577-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

img_1577
先日『北欧とコーヒー』の著者である
萩原健太郎さんにお会いして
お話を伺う機会がありました。
9784861525063
北欧は言わずと知れたコーヒー大国で、
中でもフィンランドは世界でも
トップクラスのコーヒー消費国!

北欧の中でもさぞかし こだわりがあり
コーヒーを毎日とても丁寧に淹れているのだろうな…
と思いきや、伺って驚いた話が
この「コーヒー=麦茶」エピソードです。

コーヒーもアウトドアも盛んな
フィンランドでは、「やかんコーヒー用」
というやかんマークの付いたコーヒーも
お店に売っているのだとか…!

それだけフィンランド人にとって
コーヒーは身近で気軽なものであり
日本でいうところの「麦茶」に近いものの様です。

萩原さんいはく最近はスウェーデン、
フィンランドのコーヒーも進化しているそうですが
「美味いコーヒーにこだわるのは
ノルウェーとデンマークが先駆け」なのだとか!

もともと北欧がここまで
コーヒー大国になったきっかけも、
ノルウェーオスロのある人が
バリスタチャンピオンとなり
良い豆を選りすぐって輸入し
浸透していったのが始まりだそうです。
※その後、デンマークからも
バリスタチャンピオンが誕生!

それに比べると、
消費量トップのフィンランドは
とりあえず「飲めれば良い」という
気軽さが一般的にあるようです。
※確かに、キオスクとかで
おもむろに置かれた真っ黒な
コーヒーポットを毎回見かけたw

フィンランド人は
シャイ過ぎて何か無いと話せないので
コーヒーを片手にコミュニケーションを
取る事も一因なのではとのこと。
(めっちゃ分かる…
私もコーヒーかビールが欲しい…)

などなど、他にも沢山面白い話を伺いました!

そんな萩原健太郎さん、
12月7日(水)→12日(月)で開催される
阪神百貨店の北欧フェアにゲスト参加され
北欧のコーヒーの話を聞かせて下さるそうです◎✨
tm_hokuou1612

名古屋の本格北欧コーヒー店
「TRUNK COFFEE(トランクコーヒー)」さんも
出店されるそうなので凄く楽しみ!

来週末の北欧こじらせコラムも、
萩原さんとのお話の中からコーヒーにまつわる
お話を更新したいと思います◎

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。2010年から年に1回は北欧へ行くことをライフワークに、平日は転職コンサルタントとして働きつつ、週末は「ひみつの週末北欧ピクニック」イベントの企画など北欧パラレルワークに夢中。いつかフィンランドでお店を開くことが目標。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*