【制作費300円/1時間で出来る】ムーミンのかぶり物を作ってみた

img_0992

来たるハロウィンパーティに向けて、
週末はムーミンのコスプレ衣装作り。

「あえて低クオリティ」がコンセプトなので
お金はかけずに作れるモノにしようと決めて
ムーミンの被り物づくりに挑みました。

こんなムーミンの着ぐるみというか
被り物を作ったのは初めてなので
完全に我流ですが…作り方をシェアします◎

まず揃えたのはこちら!
img_0936
でも結局使ったのは下記道具のみ。
・段ボール1つ(スーパーでもらった)
・新聞紙
・セロハンテープ
・白い布テープ
・両面テープ
・ハサミ

①まずは新聞紙(今回は情報誌)を
クシャクシャにしておきます。
img_0937
②ベースとなる骨組みを作る。
段ボールにムーミンの顔の輪郭を書き、
周辺を30cmほど残した上で
輪郭に向かって切り込みを入れる
img_0943
③切り込みを輪郭に沿って織り込み、
ヘルメット状の骨組みを作る。
img_0944
img_0946
④テープで張り合わせながら
不要な部分は切り取る。
img_0945
口元など、足りなかった部分は
別途段ボールを切り取って貼付ければOK
img_0949
ここまで来たらほぼ安心!
あとは周辺を盛って行きます。

⑤くしゃくしゃにした新聞紙を
セロハンテープで貼付けながら、
ムーミンらしい形にしていく。
img_0951
img_0952
ムーミンらしい丸みを出すために
全体やっちゃいましょう。
img_0953
⑥耳も紙で形を作り、
セロハンテープでくっつけます
img_0955
肉付け完了!

⑦強度を高める為に、
全体をセロハンテープで巻き付けました。
img_0956
⑧さらに白い布テープで
全体を巻き巻きする。
img_0958
ずいぶんムーミンらしくなりました✨
img_0962
img_0963
⑨あとは目。
段ボールでバランスを見て…
img_0964
フィンランド本家の
「薄汚れたうつろな目のムーミン」
を再現したかったので、
目の色には一番こだわりました。w
(段ボールに梱包材を重ねた)
img_0982
img_0966
⑩丸く切った段ボールを
ペンで塗りつぶしてペタリ。
img_0968
完成です!!

後ろはこんな感じ。
img_0969
そして被ると・・・
img_0974
img_0978
怖い!不気味!
大満足ですw

あ、ちなみにお気づきの方…
そうです、これ中から外見えません。
真っ暗です!w
もし見える様にしたい場合は、
⑩の時にカッターで穴を空けて
うっすら見える素材の布を貼付けて
黒目玉を乗せたらOKです。

こちらは来月の
「ひみつの週末北欧ピクニック」〜ムーミン谷のハロウィンパーティ〜
にてお披露目なので、また怪しげな
写真をたっぷりレポートしますね!

ちなみに、スナフキンの帽子も
100均で売っていたハロウィン帽子に
フェルトを両面テープで貼付けて自作。
img_0979
超簡易版ですが可愛い!
img_0981
ムーミンは毛糸の髪の毛作れば
フローレンコスプレにもなるし、
帽子があればムーミンパパ、
エプロンとカバンでママになる!

何個も作って制覇しようと思ったけど
ピクニック当日にはこれを電車で
自分で手持ちしないといけないので
さすがに1体にしておきます・・笑

簡単&手軽に出来るので、
ぜひ皆さんもお試しください(*^^*)✨

コチラの記事もおすすめ!
■初心者が木彫りムーミン人形を作る会
img_0992

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*