映画『めがね』を鑑賞しました

img_0339

img_0339
おなじみ「かもめ食堂」の荻上直子監督の作品
「めがね」を7年ぶりに鑑賞しました。

はじめて見たのは大学生の時。
その時の感想は「何の展開も無い映画」
と、何も感じなかったのですが…

今回観てみると、なんと・・
自分の好きな映画TOP3に入るくらい
とても素敵な映画に変わっていました!
img_0342
ストーリーは、小林聡美演じるタエコが
「人生の一瞬に立ち止まり、たそがれたい。
 何をするでもなく、どこへ行くでもなく。」
と、人生でふと立ち止まった瞬間に
「携帯の繫がらない場所に行きたい」
と思い立ち訪れた島で、小さな宿を営むユージや
春になるとかき氷を売りに来る
もたいまさこ演じるサクラたちと過ごす時間を経て
自分なりに「たそがれる」術を身につけて行く・・
というもの。
img_0337
南の島(ロケ地は与論島)の美しい自然と
そこで暮らす登場人物たちが過ごす
スローな時間が、見ている私にまで
感染するような映画でした。
img_0341
大学生の時には「遅すぎる」と感じた、
映画の中に流れるスローで何も無い時間が
今の自分にはぴったりとフィットする感覚。

これは自分の時間の流れを、
一旦リセットしたい時におすすめです!
img_0340
フィンランドで暮らしている間にも、
湖を前にぼんやりしたり
ゆっくりと沈む夕焼けを見ている時に
頭を空っぽにして自然に身を委ねる時間が
とてもスローに感じたのを思い出しました。

きっとフィンランドに惹かれる理由の1つは
こうした「そこに流れる時間の早さ」が
自分に合っていた、という事もかもしれません。
img_0338
映画の中で出てくる
「ここにいる才能、ありますよ」
という台詞も、とても素敵でした。

どうやらロケ地になった宿・ハマダは
実際に存在するらしく・・・気になる。。
ここに泊まって、海辺でメルシー体操をしたい!
img_0343

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*