【北欧こじらせコラム番外編】TOEICテスト

TOEIC色付き のコピー

TOEIC色付き
数年ぶりに受けて来ましたTOEIC!!
英語力うんぬんより、
精神力が大事と悟に至った1時間半。

そもそも今回受けたのは
一般的な「TOEIC公開テスト」ではなく
「TOEIC Speaking&Writing」という種類で、
これまでの「リスニングとリーディング」ではなく
自ら話し、書く、というスタイル。

受験はヘッドセットを付けて
マイクに向かって英語を話し、
ライティングでは30分間でエッセイを書く等
より実践的な英語力を計れる内容になっています。

ちなみに受験料、10,260円とお高め!
※普通のTOEIC公開テストは5,725円。
私が受けようと思い立ったのが2週間前で、
その時に申し込めるのがこのテストだけだったのです。

その本格的なお値段のせいか(!?)
会場に着くと、なんだか皆がペラペラに見える・・。

「こんな高い受験料払って、
しかも普通のテストじゃない方を選択して
自らのスキルを試しに来るのだから
そりゃあ皆きっとペラペラだわ!」

という根拠の無い思い込みにより、
皆がLA帰りとか外資系企業勤めの人に見えてくる。

そして順番に呼ばれて受験会場内へ。
そこでもびっくり。

隣の人との仕切りはデスクサイドの板1枚。
もっとプライベートな空間を期待していた私。

案の定、隣の人の声や発音が気になるっ!
そして自分のショボい英語が聞かれている気がする!
(実際には、みんな集中してて聞いてないはず)

そんな中でも最大のパフォーマンスを
発揮できるか否かが勝負なのに
最後の問題で9秒を残して沈黙・・。

ここは最後まで諦めず
なんでもいいから追加で文章を
作って言うべきだったんだろうな・・
でも・・出てこなかった・・の・・!

英語力というよりも精神力。
無念。

でも後半のライティングは
最後の9秒が悔しくて
とにかく最後まで書き切った!

あとは結果を待つのみ。
ここがスタートラインなので
これからどれだけ伸ばせるか
挑戦するのみ!!ファイト!!

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*