【かもめ食堂プロジェクトVol.16】フィンランドで「かもめ食堂」を実現するために必要なコト

20140815_357105

20140815_357105
すごい!すごいっ!
フィンランドで飲食店を開業するのに
必須とされる「食品衛生管理資格」
なんとVISA取得前に受験可能な事が判明!

しかも!

日本語での試験も可能らしい!
すごい!やばい!!(((o(*゚▽゚*)o)))

フィンランドでは、
Hygienipassiという食品衛生資格があり
飲食店オーナーだけではなく
働く人全員がこの資格を
取得する義務があります。

※映画「かもめ食堂」では、
マサコさんやミドリさんが
旅の最中にフラリと
お店の手伝いをしていたけれど、
あれは資格が無いと実現不可なのです。
(お冷をコップに注ぐ事もNG)

その試験は、毎週フィンランド国内の
何処かで実施されており
40問の⚪︎×チェック方式。
34問正解すれば合格。
費用は40ユーロ。
結果発表まで2〜4週間かかる。
内容は微生物や衛生管理や
フィンランドの食品管理について。

言語は基本フィンランド語か英語ですが
一部の言語は毎週ではないものの
実施されています。

その「一部の言語」とやらが
公式サイトにはアジアだと
「中国語、タイ語」はあるのに
日本語については記載が無かったんです。

そして、在留資格を取るためには
先に就職先を決定する必要があるものの
この資格が無いことには
そもそも就職できんやん!!!
と、夢の実現を大きく阻んでいたのですが…

今日、HygienipassiのHPへメールにて
「フィンランドでの
飲食店開業を考えている日本人です。
まだ在留資格は申請していません。

今年の12月頃に観光での滞在を
予定しています。その滞在中に
試験を受けられますか?」
と問い合わせをしたところ、、、

返ってきたのがこちら!
IMG_5795.PNG
試験受けられる!!!
しかも日本語での受験まで可能とは!!

すごい!素晴らしい!
一気に道が拓けた気分です。

尚、その後も丁寧にやり取りの中で
教えて頂いたことは下記の通り。

日本語で試験を受ける場合は
-3週間前の申請が必要
-費用は495ユーロ (英語は40ユーロ)
となるそうです。

費用が10倍以上になるのは、
特別に日本語翻訳を行うからだそう。
しかし素晴らしいサービスです。

これで滞在中に先に資格を取れば、
渡フィン後にすぐ働けます。
(※まず受からなきゃいけないけど)
(※更に就職先が決まらなきゃだけど)

ちなみにフィンランド語や英語で
受験する際には 辞書が認められる
テストもあるそうです。

向こうで開業するならば
せめて英語で受かるぐらいには
準備をしたいと思います!

—————-

ということで、私自身の憧れでもある
「かもめ食堂」的な場所で 旅する人が
暮らすように働き 人々と交流する、、、
というシーンを実現する為には

1. 在留資格を取得し食堂を開業
※最初から開業の場合は
事前に物件取得も済ませる必要があり
長い時には審査に1年かかるらしい。

2. 食品衛生資格を取得
※オーナーも従業員も全員。
日本語試験もある!

3. アルコール提供資格を取得
※かもめ食堂では、コスケンコルヴァという
フィンランドのウォッカが登場しました◎
この資格がくせ者なのです。。
専門スクールに通い、数年の実務が必要。
KHqx6At
などなど、色々な資格が必要なことが
分かってきました。

現在、物件取得に必要な手続きや費用、
アルコール提供資格の詳細など
日々情報収集中!
英語かフィンランド語しか情報がないので
時間がかかっていてホントに大変。。

今後、同じ様に「フィンランドで
かもめ食堂を開くにはどうしたらいい?」
を知りたいと思う”同志”の助けになる様、
得た情報はまた書いていこうと思います◎

ふぁいと!

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。2010年から年に1回は北欧へ行くことをライフワークに、平日は転職コンサルタントとして働きつつ、週末は「ひみつの週末北欧ピクニック」イベントの企画など北欧パラレルワークに夢中。いつかフィンランドでお店を開くことが目標。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*