【北欧旅行記(mixi転載)】スコットランド3日目

IMG_5749.PNG

IMG_5749.PNG
旅の目的を果たす為に写真館を訪れ、
念願のアンソニー少年にも出会い、
楽しみだった朝食も堪能。
スコットランドで1番濃厚な一日*

—————–
2012年の北欧旅行の様子。
当時mixiに綴っていた日記を
ほぼそのまま転載しています。
—————–
↓ ↓ ↓ ↓

2012年01月24日

翌朝、スコットランド2日目。
朝・・ということは、私が楽しみにしてた
「スコティッシュ・ブレックファースト」の時間!

「スコティッシュ・ブレックファースト」は、
スコットランドお決まりの朝食プレート。

朝からソーセージ、ベーコン、ハギス、
マッシュルームのバター炒め、焼きトマト、
スクランブルエッグ、豆煮・・等が
てんこ盛りに盛られたプレートなのです。
340632_10150511492656541_2130985774_o
スコットランドのb&bでは、
ほとんどこのプレートが出てくるそうです*

ちなみに「ハギス」はスコットランドの伝統料理。
羊肉と羊の内臓を細かく刻んだものを
腸に詰め、それを血で固めた食べ物です。
IMG_5748.PNG
作り方は少しビックリですが美味しかったです!
とにかく量が多く、この日はお昼ご飯はパスする程。

朝食を済ませてから、主要な観光地めぐりへ◎
まずはエディンバラ城。
スコットランドの戦いの歴史を感じる名所です。

城から一望できるエディンバラの景色と、
展示のバグパイプにも感動しきりでした( ´˂˃` )
334971_10150511493556541_471572958_o

エディンバラ城を後にして向かったのは
本日の目玉・・「キルト博物館」。
※キルトとはスコットランドの伝統衣装で、
タータンチェックのスカートは至る所で見ました*
333644_10150511536441541_1739037235_o
そしてなんと・・・この博物館では
そのキルトを身にまとって写真が撮れるのです!
この情報を日本から調べていた私は、
恥ずかしげもなく1人でそれに応募。

なぜなら私のスコットランド旅の目的は
キャンディキャンディの丘の上の王子様に憧れて
キルトを着てバグパイプを担ぐ」だから!笑
20121012093011098-2

私「この衣装を着て
 写真を撮りたいです」

おじさん
「え、君1人で?」

私「はいっ」

おじさん「OK!じゃあ
 この女性用のキルトスカートを..」

私「あ、それじゃなくて
 この男性用のキルトを着て
 バグパイプを持ちたいんです!」

と必死に説明。笑

店員のおじさん、
すごい笑顔でokしてくれた・・やさしい。

ちなみに女性用だとこんな感じ。
women-wearing-kilts
そして私が撮影したのがコチラ。
401515_10150511556281541_704855222_n
ぎこちない(笑)
撮った写真はその場でプリントして
紙の額に入れてくれました。

何はともあれ、旅の最大の目的である
「スコットランドでキルト着てバグパイプ」は
19ポンドで実現しました*

最大の目的を果たし、
城から続くロイヤルマイルという道を
お土産屋を見つつ下ると
どこからともなくバグパイプの音が・・・

音の向かうほうへいくと、
少年がバグパイプを演奏していました!
しかもキルトで!!!!!
395677_10150511495171541_742731396_n
リアルアンソニーや・・!
と感動してチップをお支払いして
記念撮影させて頂きました・・
幸せ。来て良かった。アンソニーに会えた!笑

その後、ロイヤルマイルでは
2人のバグパイプ奏者に出会いました◎
424237_10150511495936541_1130986531_n
本の表紙みたいな光景。満足すぎる。
もうスコットランドを後にしても悔いはない..

それからは主要な歴史的建造物を見て回り、
クイーンストリートという
日本で言う渋谷や原宿的な
若者が集まるショッピングストリートへ!

待ち行く人が絶対に持っている紙袋があって
その袋を持っている人を逆に辿って店を探す。
(海外に行くと、よくやっちゃう)

たどり着いた店はPRIMARKという、
日本でいうしまむら的な
服やインテリアまで揃う格安のお店。
333611_10150511498001541_1395148374_o
服もほとんど10ポンド未満。
絶賛セール中で、1ポンドもたくさん。
ほとんど無料の様なセール・・!

それから宿に戻ると、
相部屋の中国人が一緒にご飯どう?と誘ってくれて
「世界の果て」という名のレストランへ。
401503_10150511496446541_82261140_n
ここのステーキ&パイが絶品!
the-world-s-end

ご一緒した中国人はロンドンのあの有名な
大学に通っている学生で
(あの有名な大学の名前をド忘れ)
今まで会った中国人とは違う雰囲気の好青年。

話を聞くと、現在はモデルとして活躍しているそう。
ただ、英語6割くらいしか分からなかった
もちろん私の能力不足・・!(◎_◎)

食事の後はカールトン・ヒルという丘まで
1時間くらい散歩して宿に戻り、
バーでビールを飲んで寝ました。
(ギネスビール2ポンドだった!安い・・)

明日からは3日間、果ての島「スカイ島」と
ネッシーで有名なネス湖へいってきます!

—————–
【転載後記】

漫画でしか見た事の無かった
キルトを着てバグパイプを演奏する少年。
その光景を目の当たりにし、
さらには自分もキルトを着るという経験(笑)

私の歳で「キャンディキャンディ」が
好きな方がいないので、完全に自己満足ですが*
本当に、一生ものの思い出になりました。

ちなみに出会った中国人の青年は
今でもfacebookで繫がっていますが
現在は世界中のファッションショー等で
モデルとして活動している様です(◎_◎)
—————–

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。2010年から年に1回は北欧へ行くことをライフワークに、平日は転職コンサルタントとして働きつつ、週末は「ひみつの週末北欧ピクニック」イベントの企画など北欧パラレルワークに夢中。いつかフィンランドでお店を開くことが目標。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*