【北欧こじらせコラムVOL.13】フィンランド、3つの世界一

3つの世界一 のコピー

3つの世界一 (修正)

3つの世界一

フィンランドについて話すとき、「実はフィンランドには3つの世界一があってね〜」とよく説明します。1つ目・2つ目は「北欧っぽいね〜!」という反応なのですが、最後のコマで「え〝っ!?」という反応に変わります。その瞬間が、個人的にとても好きです。笑
※それぞれ年代やデータ元によって信憑性は曖昧な様ですが、いずれも上位であることに間違いは無いようです。

コーヒーの消費量世界一

フィンランドは、国民1人当たりのコーヒー豆の消費量が世界一!朝起きてコーヒー。職場に着いてコーヒー。休憩にコーヒー。会議中にコーヒー。終業後にコーヒー。食後にコーヒー・・・。とにかく凄くコーヒーを飲むそうで、国民の約9割がコーヒー愛飲者。私もフィンランドに行くと、なにかと友人に勧められてコーヒーを飲みますが、まったりした時間が心を落ち着かせてくれる気がします。
そんな北欧のコーヒー文化に感化されて、仕事初めやブレイクしたい瞬間にはブラックコーヒーを飲むようにしています。(普段はカフェラテやカプチーノなどを愛飲しているのですが)単純な私は、頭の中で北欧の景色を思い浮かべながら心を落ち着かせてリセット出来る気がしています。笑
IMG_9576

キャンドルの消費量世界一

フィンランドの家庭にお邪魔すると、食卓には必ずキャンドル。朝からキャンドル。外にもキャンドル・・とにかくキャンドルの灯りが優しく揺らめく情景がとても素敵です。冬になると、首都ヘルシンキであっても昼の3時には日が沈んでしまうフィンランド。その暗闇を照らすのは、明るすぎないほのかに灯る優しい電光とキャンドルの組み合わせです。
なんだか見ているだけで心癒されるキャンドルの光ですが、家の中だけでなく家の外にも複数のランタンにキャンドルを入れて玄関に灯りを添えている家庭も多いです。これは帰ってくる人や訪ねてくる人を迎え入れる意味があるそうです。
IMG_9408

世界一まずい飴

こちら、おなじみsalmiakki(サルミアッキ)です!見た目からして黒々しく怪しい飴・・・フィンランドのマーケットで子供達が「あれ買ってーーーー!」とサルミアッキを親にねだる場面を見た時は心底衝撃を受けました・・。笑
味を表現するならば「しょっぱいタイヤ味!!!」です。リコリスという癖のあるハーブが練り込まれ、仕上げにアンモニアに漬け込むという手法で作られた一品。(なぜ最後に漬け込んだんだフィンランド人!?)会社の同僚のお土産に配ったら、飲み込めない人が続出しました。笑
けれども実は私、何を隠そう・・今ではすっかりサルミアッキが大好物!食べていると段々クセになり、喉にも良いというフィンランド人の熱烈なプレゼンテーションも効いて、何個でも食べられます◎
IMG_7481
いかがだったでしょうか。意外なフィンランドの世界一!他にも学力世界一や幸福度世界一など、色々な世界一を誇る北欧は、やっぱり奥深い・・!
********************
【お詫び】
公開当初の抗うつ剤の使用量世界一という項目につきましては、出典が不明のため、項目を削除のうえ記事を修正させて頂きました。皆様と共に北欧への愛を深め、ブログを楽しんで頂ける様に今後一層気を引き締めながら精進したいと思います。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!

★コラム一覧はこちら★

コラム

chika
About chika
北欧が好きすぎる『北欧こじらせ女子』。平日は会社員、週末はカフェ修行や「ひみつの週末北欧ピクニック」イベント開催など。北欧で自分にフィットする暮らしに出会って以降、日々の暮らしに北欧を取り入れています◎

ぜひコメントをお寄せ下さい

Leave a Reply

Your email address will not be published.





*